G-E7VTYT2SRE

好きな人を仲良くなりたい!美味しい食事を一緒に食べて好意を持ってもらう

  • LINEで送る
好きな人を仲良くなりたい!美味しい食事を一緒に食べて好意を持ってもらう
ほとんどの人に当てはまると思いますが、自分の好きな料理を食べているとき、不機嫌な気持ちになる人はまずいないですよね。
 
多くの人は気分が上機嫌になり、幸せな表情になるでしょう。
反対に嫌いな食べ物を食べると不機嫌になり、不快な表情になりやすいですよね。
 
この法則を使って、人の心を掴むという方法があるのです。
今回は、美味しい料理を食べて片想いの人に好意を持ってもらうを方法をご紹介します。
 
誰かと会話をするときって、美味しい食事を食べながらだと会話を好意的に受け取ってもらいやすいですよね。
 
「好きな食べ物を食べている」という快感がその時の気分を支配しているため、シチュエーションそのものへのイメージもよくなるんです。
 
例えば、仲良くなりたい相手や話を好意的に受け入れてもらいたい相手と会うとき、一緒に食事をするのはとても効果的に作用します。
 
会議で争わないために食事をしながら行ったり、新しく入った仲間を迎え入れるためにメンバーの全員で宴を開くなど、日常のいろいろな場面でコミュニケーションを目的とした食事の席がありますよね。
 
これは心理学的に見ても、有効な方法だといえます。
このことを「ランチョンテクニック」といいます。

ランチョンテクニック

ランチョンテクニックについては、アメリカの心理学者、グレゴリー・ラズラン(Razran)が行った実験があって、彼は被験者たちと食事をし、自分のさまざまな政治的な意見を説明していくという実験を行ったそうです。
 
そして食事が終わったあと、被験者に自分の意見についてどう思ったかを聞いたところ、被験者は食事をする前の状況よりも、彼の意見に対して好意的な評価を持っていたのだそうです。
 
反対に、食事中に嫌な臭いがしている部屋で質問をされたときは意見に対して否定的な評価になっていたとのこと。
 
つまり美味しいものを食べているときは好意的になるが、食事中に嫌な気分になると否定的になるというわけです。
 
この実験から、ランチョンテクニックという名前がついたそうです。
好きな異性と仲良くなれるランチョンテクニックはご飯やパンだけではなく、おかしや果物でも好きになってもらえる良い効果があります。
 
ちょっとした美味しいお菓子を食べながら、好きな異性と一緒に会話をするだけでも好意的な効果があるそうです。
 
もしあなたが、好きな異性に振り向いてほしいと悩んでいるなら、ランチョンテクニックを実践してみては、好きな異性と二人きりで美味しいお菓子やお酒などを進めながら、楽しい会話をするといいでしょう。
 
例え、食べている時間が短くてもランチョンテクニックを繰り返すうちに、美味しいものを食べる心地よさが、あなたと会話をする時間も心地よくなる作用がはたらくわけです。
 
好きな異性がいる人は好きな人と美味しい食べ物を一緒に食べて、片思いの異性から好きになってもらいましょう。
 
好きな異性とおいしい料理を食べるときは「お店」にこだわる必要はありません。
 
リラックスができる家や人のいないところで食べること場合も大丈夫です。
 
本当に安心ができる場所で食事をするとリラックスができるため、更に好きな異性から好きになってもらえるのです。
 
お店でおかしを買って、安心できる場所で好きな人と食べるのも楽しいですよね。
 

お知らせ

https://www.spiritual-studio-sore.com/

バックナンバーはこちらよりどうぞ。

~【会員特典あり】LINE@会員募集中~

▼LINE登録はこちらよりどうぞ。

特典①無料ブログ恋愛講座

24LINEにてお知らせいたします。最新の恋愛講座を受けることができますよ。

【募集】

「モテる女性の特徴のお話聞きたいです!」など「こんな話聞いてみたい」などがありましたら、お気軽にLINEください♪次のブログ講座はあなたの気になる恋愛話かもしれませんよ。

特典②大好評!~初回鑑定全メニュー10%割引クーポンが付いてくる~

LINEに登録いただいた方限定で、初回の鑑定のみに使用することができるクーポンを配布いたしております。

試してみたかったあの「霊感鑑定」や楽しい「タロット占い」などすべてのメニューに利用することができるので、この機会に鑑定を受けてみては如何でしょうか。

ご予約の際に「LINE10%割引クーポン持っています」とお伝え頂けるとスムーズです。

特典③

西洋占星術の無料鑑定をプレゼントあなただけの鑑定書を発行!(1回のみ)

▼LINE登録はこちらよりどうぞ。

SNSでもご購読できます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。